Emerson

CATEGORY: Remarks to Remember
これを知らずして一生は終えられない!私たちを圧倒する偉人の言葉を紹介していくseries です。ぜひ一緒に感動しましょう!

TO go into solitude, a man needs to retire as much from his chamber as from society. I am not solitary whilst I read and write, though nobody is with me. But if a man would be alone, let him look at the stars. The rays that come from those heavenly worlds, will separate between him and what he touches. One might think the atmosphere was made transparent with this design, to give man, in the heavenly bodies, the perpetual presence of the sublime. Seen in the streets of cities, how great they are! If the stars should appear one night in a thousand years, how would men believe and adore; and preserve for many generations the remembrance of the city of God which had been shown! But every night come out these envoys of beauty, and light the universe with their admonishing smile.

The stars awaken a certain reverence, because though always present, they are inaccessible; but all natural objects make a kindred impression, when the mind is open to their influence. Nature never wears a mean appearance. Neither does the wisest man extort her secret, and lose his curiosity by finding out all her perfection. Nature never became a toy to a wise spirit. The flowers, the animals, the mountains, reflected the wisdom of his best hour, as much as they had delighted the simplicity of his childhood.
…………………………………………………………………….
Resources: CHAPTER 1 – NATURE. from Nature by Ralph Waldo Emerson

孤独になるためには、社会ばかりでなく自分の部屋からも身をひかねばならぬ。たとい誰ひとりともにいる者はいなくとも、読んだり書いたりしている限りは、私は孤独ではない。ところがもしもひとりになりたいひとがいたら星を見せてやればいい。あの天界からさしてくる光が、彼と彼の触れるものとを隔ててくれる。大気が透明にされた意図はと言えば、つまり天体によって、崇高なるものがいつも存在していることを人間に知らせるためだと考えてもよさそうだ。都会の街頭で見ると、まったく偉大だ。もしも星が千年にひと夜だけ現われたら、さぞかし人間は信じて崇め、ひとたび示された神の都の記憶を幾世代ものあいだ持ちつづけるだろう。ところが毎夜これら美の使節は立ち現われて、その訓戒の微笑で宇宙を照らしてくれるのだ。

星はある種の畏敬の念を呼び起こす。いつも姿は見えているのに、しかも近づくことができないからだ。しかし自然の物象は、もしもその感化力に対して人の心が開かれていれば、すべて同様な印象を与える。自然はけっして卑しい相貌を帯びることがない。このうえなく賢いひとでも、自然の秘密を無理無体に聞き出し、その完全なさまをすべて知りつくして、好奇心をなくしてしまうこともない。自然が賢い精神の玩具になったためしはない。花、動物、山、すべてのものが、かつて子どものころの素朴な心を喜ばせたように、もっとも成熟した時期の知恵を映してもいた。
…………………………………………………………………….
出典: 『エマソン論文集(上)』(酒本雅之訳)より「自然」第1章ー自然

大学院時代にエマソンの「自然」を勉強しましたが、英語と内容が難しくて、読み解くので精一杯でした。今は少しは成長したのか、色々な箇所で感動します。せっかくなので、もう一度じっくり読んで勉強しようと思います。

Hamlet and Polonius

CATEGORY: Remarks to Remember
これを知らずして一生は終えられない!私たちを圧倒する偉人の言葉を紹介していくseries です。ぜひ一緒に感動しましょう!

HAMLET = HAM.
POLONIUS = POL.

Enter HAMLET, reading.
POL.  How does my good lord Hamlet?
HAM.  Well, god-‘a-mercy.
POL.  Do you know me, my lord?
HAM.  Excellent well; you are a fishmonger.
POL.  Not I, my lord.
HAM.  Then I would you were so honest a man.
POL.  Honest, my lord?
HAM.  Ay, sir; to be honest, as this world goes, is to be one man picked out of ten thousand.
POL.  That’s very true, my lord.
HAM.  For if the sun breed maggots in a dead dog, being a god, kissing carrion, — Have you a daughter?
POL.  I have, my lord.
HAM.  Let her not walk i’the sun: conception is a blessing; but as your daughter may conceive, — friend, look to’t.
POL.  [Aside.] How say you by that? Still harping on my daughter: — yet he knew me not at first; he said, I was a fishmonger: He is far gone, far gone: and, truly in my youth I suffered much extremity for love; very near this. I’ll speak to him again. — What do you read, my lord?
HAM.  Words, words, words!
POL.  What is the matter, my lord?
HAM.  Between who?
POL.  I mean, the matter that you read, my lord.
HAM.  Slanders, sir: for the satirical rogue says here, that old men have grey beards; that their faces are wrinkled; their eyes purging thick amber, and plum-tree gum; and that they have a plentiful lack of wit, together with most weak hams: All of which, sir, though I most powerfully and potently believe, yet I hold it not honesty to have it thus set down; for yourself, sir, should be old as I am, if, like a crab, you could go backward.
POL.  Though this be madness, yet there is method in’t. [Aside.] Will you walk out of the air, my lord?
HAM.  Into my grave?
POL.  Indeed, that is out o’the air. — How pregnant sometimes his replies are! a happiness that often madness hits on, which reason and sanity could not so prosperously be delivered of. I will leave him, and suddenly contrive the means of meeting between him and my daughter. — my honourable lord, I will most humbly take my leave of you.
HAM.  You cannot, sir, take from me any thing that I will more willingly part withal; except my life, except my life, except my life.
Fare you well, my lord.
POL.  These tedious old fools!

…………………………………………………………………….
Resources: ACT II – SCENE II. A Room in the Castle. from The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark by William Shakespeare

ハムレット読書しながら登場
ポローニアス これはハムレット様、ご機嫌はいかがで?
ハムレット 
どうやら元気だ、おかげでな。
ポローニアス 私がお分かりですかな?
ハムレット よくわかっておる、魚屋だろう。
ポローニアス いや、とんでもございません。
ハムレット そうか、ではせめて魚屋ぐらい正直者であってほしいな。
ポローニアス 正直者?
ハムレット そうだ、いまの世のなか、正直者は一万人に一人いるかどうかだろう。
ポローニアス たしかにそのとおりですな。
ハムレット 太陽が犬の死骸に蛆虫(うじむし)をわかすは、神が腐れ肉に口づけするをめでたもうゆえなるがーおまえには娘があるか?
ポローニアス はい、ございます。
ハムレット あまり日向(ひなた)を歩かせるなよ。知恵がつくのはけっこうだが、虫がつくのは困るだろう。気をつけるのだな。
ポローニアス (傍白)どうだ、これは?やっぱり娘のことだ。だが最初わしがだれだかわからなかったな、魚屋だろうなどと。たしかにだいぶ狂っておられるわい。ま、このわしにしたところで、若いころは恋の悩みに苦しんだものだ、こんなぐあいにな。もう一度話しかけてみよう。ハムレット様、なにをお読みで?
ハムレット ことば、ことば、ことば。
ポローニアス いえ、その内容で?
ハムレット ないよう?おれにはあるように思えるが。
ポローニアス つまりその、お読みになっている事柄のことですが?
ハムレット 悪口だよ、悪口。口の悪いやつがこう書いている、老人とは、その髭白く、その顔皺だらけにして、目より松脂色(まつやにいろ)の液体流し、知脳はおびただしく退化し、あわせて膝関接に衰弱を見するものなり。これはたしかに動かしようのない事実だ。だがこう書いてしまってはあまりに失礼ではないかな、おまえだってカニみたいにうしろむきに歩いてみろ、おれと同じ年ごろになれるはずだからな。
ポローニアス (傍白)気ちがいのことばとはいえ、筋がとおっておるわいハムレット様、外の空気はおからだに毒、お入りになられては?
ハムレット 自分の墓穴にか。
ポローニアス たしかにそこには外の空気が入りませんな。(傍白)うてばひびくように返事がはねかえってくるぞ。ま、気ちがいというやつはよくまぐれ当たりにうまいことを言うものだ、正気の人間には思いもよらぬことばが飛び出すからな。ここはひとまず切りあげて、さっそく娘と出会わせる算段をしよう。殿下、失礼ながらこれでおいとまをいただきとう存じます。
ハムレット ああ、そのおいとま以上に喜んでおまえにやりたいものはない、おれのいのちは別だがな、おれのいのちは、おれのいのちは。
ポローニアス ではご機嫌よろしゅう。
ハムレット こうるさい老いぼれだ。
…………………………………………………………………….
出典: ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』(小田島雄志訳)より 第二幕 第二場 城内の一室

ここでは、有名な表現が2つありますので、ご紹介しましょう。

1つは、ポローニアスに「なにをお読みで?」と聞かれて答えるハムレットの台詞、Words, words, words! 「ことば、ことば、ことば。」 です。内容よりもことばそのものに注目する、という何気ないハムレットの一言ですが、人間にとって大切なことだと思います。やはり、ことばを疎かにすると、思考や感覚にズレが出はじめる、ことを痛感せずにはいられないご時世です。ことばを大切にする姿勢を思い出させてくれる非常に重要な「ことば」ではないでしょうか。

2つめは、ハムレットのおかしな言い分を聞いて、ポローニアスが傍白する台詞、Though this be madness, yet there is method in’t.「気ちがいのことばとはいえ、筋がとおっておるわい。」です。一見すると変わったことを言っているように聞こえても、意外と的を得ている、確かに理屈は通っている、という表現です。私たちの身の回りにも案外そういう人はいるものです。そんな時は、ぜひこの表現を思い出してみてくださいね。

Hamlet, Queen, and King

CATEGORY: Remarks to Remember
これを知らずして一生は終えられない!私たちを圧倒する偉人の言葉を紹介していくseries です。ぜひ一緒に感動しましょう!

HAMLET = HAM.

KING.  But now, my cousin Hamlet, and my son, — 
HAM.  A little more than kin, and less than kind. [Aside.
KING.  How is it that the clouds still hang on you?
HAM.  Not so, my lord, I am too much i’the sun.
QUEEN.  Good Hamlet, cast thy nighted colour off,
And let thine eye look like a friend on Denmark.
Do not, for ever, with thy vailed lids
Seek for thy noble father in the dust:
Thou know’st, ‘tis common; all, that live, must die.
Passing through nature to eternity.
HAM.  Ay, madam, it is common.
QUEEN.                                            If it be,
Why seems it so particular with thee?
HAM.  Seems, madam! nay, it is; I know not seems.
‘Tis not alone my inky cloak, good mother,
Nor customary suits of solemn black,
Nor windy suspiration of forc’d breath,
No, nor the fruitful river in the eye,
Nor the dejected haviour of the visage,
Together with all forms, modes, shows of grief,
That can denote me truly: These, indeed, seem,
For they are actions that a man might play:
But I have that within, which passeth show;
These, but the trappings and the suits of woe.
KING.  ‘Tis sweet and commendable in your nature, Hamlet,
To give these mourning duties to your father:
……….
QUEEN.  Let not thy mother lose her prayers, Hamlet:
I pray thee, stay with us, go not to Wittenberg.
HAM.  I shall in all my best obey you, madam.
KING.  Why, ‘tis a loving and a fair reply;
……….
HAM.  O, that this too too solid flesh would melt,
Thaw, and resolve itself into a dew!
Or that the Everlasting had not fix’d
His canon ‘against self-slaughter! O God! O God!
How weary, stale, flat, and unprofitable
Seem to me all the uses of this world!
Fye on’t! O fye! ‘tis an unweeded garden,
That grows to seed; things rank, and gross in nature,
Possess it merely. That it should come to this!
But two months dead! – nay, not so much, not two:
So excellent a king; that was, to this,
Hyperion to a satyr: so loving to my mother,
That he might not beteeme the winds of heaven
Visit her face too roughly. Heaven and earth!
Must I remember? why, she would hang on him,
As if increase of appetite had grown
By what it fed on: And yet, within a month, –
Let me not think on’t; – Frailty, thy name is woman! –
A little month; or ere those shoes were old,
With which she follow’d my poor father’s body,
Like Niobe, all tears; – why she, even she, –
(O heaven! a beast, that wants discourse of reason,
Would have mourn’d longer,) – married with my uncle,
My father’s brother; but no more like my father,
Than I to Hercules: Within a month;
Ere yet the salt of most unrighteous tears
Had left the flushing in her galled eyes,
She married: – O most wicked speed, to post
With such dexterity to incestuous sheets!
It is not, nor it cannot come to, good;
But break, my heart; for I must hold my tongue!
…………………………………………………………………….
Resources: ACT I – SCENE II. A Room of State in the Castle from The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark by William Shakespeare

国王 さてと、甥のハムレット、大事なわが子ー
ハムレット (傍白)親族より近いが、心情は遠い。
国王 どうしたというのだ、その額にかかる雲は?
ハムレット どういたしまして、なんの苦もなく大事にされて食傷気味。
王妃 ハムレット、その夜に閉ざされた顔色をはらいのけ、
あかるい親しみのまなざしを国王にお向けなさい。
いつまでも目を伏せて、塵とはてられた
りっぱな父上の面影を追うのはおよしなさい。
生あるものは必ず死ぬ、そしてあの世で永遠のいのちをうる、
これは当然のことでしょう。
ハムレット ええ、母上、当然のことです。
王妃                 とすれば、
どうしておまえには特別のことのように見えるのです?
ハムレット 見えるですって、母上!いや真実そうなのだ。
見えるとやらは知りません。この黒い上着、
しきたりどおりのものものしい喪服だけで、
いや、わざとらしく天を仰いでの長嘆息、
目からあふれこぼれる川のような涙、
うちひしがれて憂いにゆがむ顔、
その他ありとあらゆる悲しみの姿、形、表情も、
私の真実をあらわしてはいません。そういうものは、
目に見える、人間が演じて見せるしぐさだから。
だが私の心のなかには見せかけを越えるものがある。
目に見えるのは悲しみの飾り、お仕着せにすぎません。
国王 亡くなった父上を悲しむのは、ハムレット、
おまえの心根のやさしさを示し、りっぱだと思う。
……….
王妃 母の願いも無にしないでおくれ、ハムレット、
ヴィッテンベルクには行かないで、ここにいておくれ。
ハムレット できるだけおことばに従いましょう、母上。
国王 おお、よく言ってくれた、うれしく思うぞ、
……….
ハムレット ああ、このあまりにも硬い肉体が
崩れ溶けて露と消えてはくれぬものか!
せめて自殺を罪として禁じたもう
神の掟がなければ。ああ、どうすればいい!
おれにはこの世のいとなみのいっさいが
わずらわしい、退屈な、むだなこととしか見えぬ。
いやだいやだ!この世は雑草の伸びるにまかせた
荒れ放題の庭だ、胸のむかつくようなものだけが
のさばりはびこっている。こんなことになろうとは!
亡くなってまだ二月(ふたつき)、いやいや、二月にもならぬ、
りっぱな国王だった、いまの王とくらべれば
獅子と虫けらほどもちがう。母上をこの上なく愛され、
外の風が母上の顔に強くあたることさえ
許さぬほどだった。それが、なんということだ!
思い出さねばならぬのか?そう、母上もあのころは
父上を一時(いっとき)も離さず、満たされてますますつのる
貪欲な愛にひたっておいでだった。それが一月(ひとつき)でー
もう思うまいー心弱きもの、おまえの名は女!ー
ほんの一月で、いや、父上の亡骸に寄りそい、
ニオべのように涙に暮れて墓場まで送った母上の
あの靴もまだ古びぬうちにー母上が、あの母上がー
ああ、ことの理非をわきまえぬ畜生でも
もう少しは悲しむであろうにー叔父と結婚するとは、
父上の兄弟とはいえ、おれがヘラクレスとちがうほど
似ても似つかぬあの男と、一月もたたぬのに、
泣きはらした赤い目から空涙の跡も消えぬうちに
結婚したとは。ああ、なんというけしからぬ早さだ、
こんなにもすばやく不義の床に送りこむとは!
これはよくないぞ、けっしてよい結果にはならぬぞ。
だが胸が張り裂けようと、口に出してはならぬ。
…………………………………………………………………….
出典: ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』(小田島雄志訳)より 第一幕 第二場 城内の大広間

どうしてこんなにも美しい言い方ができるのでしょうか。
Shakespeare と同時代の作家の多くは大学で学んでいましたが、
あまり経済的に余裕のなかったShakespeareは大学に行けませんでした。
それが返って独自性を産みよかったのだと言う学者もいます。
私はShakespeare の「言い方」、「言葉の紡ぎ方」が好きです。
皆さんはどう感じますか?

それにしても、このシーンはよく覚えています。
舞台の設定も現代風ゴシック調というのか、非常に優美で印象的でした。
なんといっても素晴らしい俳優さんたちの英語は酔いしれてしまうほど美しく、
英語ってこんなにも美しく響くのか!(特に子音!)と
大感動しながら鑑賞していました。
私の頭の中のハムレットの独白部分は、
完全にCumberbatch の声でよみがえります♡

Hamlet

CATEGORY: Remarks to Remember
これを知らずして一生は終えられない!私たちを圧倒する偉人の言葉を紹介していくseries です。ぜひ一緒に感動しましょう!

HAMLET.
To be, or not to be, that is the question: −

Whether ’tis nobler in the mind, to suffer
The slings and arrows of outrageous fortune;
Or to take arms against a sea of troubles,
And, by opposing, end them? − To die, − to sleep, −
No more; − and, by a sleep, to say we end
The heart-ach, and the thousand natural shocks
That flesh is heir to, − ‘tis a consummation
Devoutly to be wish’d. To die; − to sleep; −
To sleep! perchance to dream; − ay, there’s the rub;
For in that sleep of death what dreams may come,
When we have shuffled off this mortal coil,
Must give us pause: There’s the respect,
That makes calamity of so long life:
For who would bear the whips and scorns of time,
The oppressor’s wrong, the proud man’s contumely,
The pangs of despis’d love, the law’s delay,
The insolence of office, and the spurns
That patient merit of the unworthy takes,
When he himself might his quietus make
With a bare bodkin? who would fardels bear,
To grunt and sweat under a weary life;
But that the dread of something after death, −
The undiscover’d country, from whose bourn
No traveller returns, − puzzles the will:
And makes us rather bear those ills we have,
Than fly to others that we know not of?
Thus conscience does make cowards of us all;
And thus the native hue of resolution
Is sicklied o’er with the pale cast of thought;
And enterprizes of great pith and moment,
With this regard, their currents turn awry,
And lose the name of action. − Soft you, now!
The fair Ophelia: − Nymph, in thy orisons
Be all my sins remember’d.
…………………………………………………………………….
Resources: ACT III – SCENE I. A Room in the Castle from The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark by William Shakespeare

このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。
どちらがりっぱな生き方か、このまま心のうちに
暴虐な運命の矢弾をじっと耐えしのぶことか、
それとも寄せくる怒涛の苦難に敢然と立ちむかい、
闘ってそれに終止符を打つことか。死ぬ、眠る、
それだけだ。眠ることによって終止符はうてる、
心の悩みにも、肉体につきまとう
かずかずの苦しみにも。それこそ願ってもない
終わりではないか。死ぬ、眠る、
眠る、おそらくは夢を見る。そこだ、つまずくのは。
この世のわずらいからかろうじてのがれ、
永の眠りにつき、そこでどんな夢を見る?
それがあるからためらうのだ、それを思うから
苦しい人生をいつまでも長びかすのだ。
でなければだれががまんするか、世間の鞭うつ非難、
権力者の無法な行為、おごるものの侮蔑、
さげすまれた恋の痛み、裁判のひきのばし、
役人どもの横柄さ、りっぱな人物が
くだらぬやつ相手にじっとしのぶ屈辱、
このような重荷をだれががまんするか、この世から
短剣のただ一突きでのがれることができるのに。
つらい人生をうめきながら汗水流して歩むのも、
ただ死後にくるものを恐れるためだ。
死後の世界は未知の国だ、旅立ったものは一人として
もどったためしがない。それで決心がにぶるのだ、
見も知らぬあの世の苦労に飛びこむよりは、
慣れたこの世のわずらいをがまんしようと思うのだ。
このようにもの思う心がわれわれを臆病にする、
このように決意のもって生まれた血の色が
分別の病み蒼ざめた塗料にぬりつぶされる、
そして、生死に関わるほどの大事業も
そのためにいつしか進むべき道を失い、
行動をおこすにいたらず終わるー待て、
美しいオフィーリアだ。おお、森の妖精、その祈りのなかに
この身の罪の許しも。
…………………………………………………………………….
出典: ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』(小田島雄志訳)より 第三幕 第一場 城内の一室

美しい言葉の響きと言葉遣いですね!
Coleridgeが ‘myriad-minded Shakespeare’と称え、イギリス人俳優 James Garnonさんが ‘Shakespeare belongs to everyone. He was writing for everyone.’ (Excerpt from Exploring English: Shakespeare) と言う理由が分かる気がします。

大尊敬の Benedict Cumberbatch 主演、英国 National Theatre Live の Hamlet は2回ほど観ましたが圧巻!衝撃!でした。時を超えて英国俳優が挑んできたこの名台詞、あなたならどう表現しますか?