世界基準の英語力とは

Pocket

Spellboundでは日本にいながら世界で認められる英語力を習得していただきます

日本での英語力の証明は世界では通用しません!

衝撃かもしれませんが、これは事実です。

日本では英語力を証明するときの基準として英検やTOEICがありますが、残念ながらこれらは世界では通用しません。 なぜなら、英検とTOEICは日本人が日本人のために作った試験であり、4技能のバランスや評価基準にムラがあり、世界では知られていないからです。第一、英検やTOEICでは試験の内容が異なるので、お互いに互換性がない上に、それぞれが独自の基準でレベルを定めています。例えば、英検の2級と準2級では何が違うのか、TOEICの400点と600点では、何ができて何ができないのか、などレベルの定義が曖昧です。

また、日本の学校教育における英語は「受験」のためです。最近では小学校から英会話の授業がありますが、私も含めた昭和生まれの世代にとって中学校から始まる英語の勉強というのは「試験」の形をしていました。(おそらくこの本質は今でも変わらないと思いますが。)単語テストや学期末テストでは知識の確認をしますが、これは何のための知識なのでしょうか?よほどの明確な目標を持たない限り、行き着く先は結局のところ「高校受験・大学受験」のための知識に過ぎないのです。つまり、「話せるように」デザインされてなんかいないのです。

日本の枠組みの中の英語とは学校教育かTOEIC・英検の資格試験ですが、一つだけ確実に言えることは、日本の基準と世界の基準では語学力の測り方にズレがあるということです。それもかなり大きなズレです。基準が変われば、中身も変わり、結果も変わります。日本には英語学習用の書籍や教材が溢れていますが、それ以前に出発点である基準をまずはよく考えないと、本当の意味での英語力は永遠につきません。

基準がないと人は迷います。 英語学習で迷子になる日本人が多いのはこのためです。 残念ながら、日本の中だけを見ていても、基準は永遠に見つかりません。 そもそも、英語は英語圏の言語です。それなら、英語の本国に目を向けてみましょう。 英語の専門家たちによる70年以上もの研究のもとに築かれた確固たる外国語学習の基準がすでに存在しています。 それなら、本国が定めた基準に従って学ぶほうが、断然上達が早いと思いませんか?

世界で通用する「語学力のものさし」を持とう

どの世界にもレベルがあります。レベルと基準は表裏一体です。外国語学習を始める前に、「世界に通用する語学力の基準」をもっておくことで、あなたの英語学習は充実します。何を基準にして英語を学ぶのかによって身に付く力が180度変わるからです!今、世界では「ある基準」に沿って外国語を学ぶことが「あたりまえ」になっています。世界と繋がるためには、日本人も早くこの基準に合わせないと、おいてきぼりにされてしまいます。

世界基準の語学のものさし
↓ ↓ ↓

ヨーロッパ言語共通参照枠
Common European Framework of Reference for Languages(CEFR)

欧州評議会公式ホームページ
https://www.coe.int/en/web/common-european-framework-reference-languages/home

紹介動画(英語版・英語字幕)

 

CEFRの英語版
Cambridge English Scale

PDF
common_Cambridge English Scale (PDF)

公式ホームページ
https://www.cambridgeenglish.org/exams-and-tests/cambridge-english-scale/

紹介動画(英語版・日本語字幕)