Emerson

Pocket

CATEGORY: Remarks to Remember
これを知らずして一生は終えられない!私たちを圧倒する偉人の言葉を紹介していくseries です。ぜひ一緒に感動しましょう!

TO go into solitude, a man needs to retire as much from his chamber as from society. I am not solitary whilst I read and write, though nobody is with me. But if a man would be alone, let him look at the stars. The rays that come from those heavenly worlds, will separate between him and what he touches. One might think the atmosphere was made transparent with this design, to give man, in the heavenly bodies, the perpetual presence of the sublime. Seen in the streets of cities, how great they are! If the stars should appear one night in a thousand years, how would men believe and adore; and preserve for many generations the remembrance of the city of God which had been shown! But every night come out these envoys of beauty, and light the universe with their admonishing smile.

The stars awaken a certain reverence, because though always present, they are inaccessible; but all natural objects make a kindred impression, when the mind is open to their influence. Nature never wears a mean appearance. Neither does the wisest man extort her secret, and lose his curiosity by finding out all her perfection. Nature never became a toy to a wise spirit. The flowers, the animals, the mountains, reflected the wisdom of his best hour, as much as they had delighted the simplicity of his childhood.
…………………………………………………………………….
Resources: CHAPTER 1 – NATURE. from Nature by Ralph Waldo Emerson

孤独になるためには、社会ばかりでなく自分の部屋からも身をひかねばならぬ。たとい誰ひとりともにいる者はいなくとも、読んだり書いたりしている限りは、私は孤独ではない。ところがもしもひとりになりたいひとがいたら星を見せてやればいい。あの天界からさしてくる光が、彼と彼の触れるものとを隔ててくれる。大気が透明にされた意図はと言えば、つまり天体によって、崇高なるものがいつも存在していることを人間に知らせるためだと考えてもよさそうだ。都会の街頭で見ると、まったく偉大だ。もしも星が千年にひと夜だけ現われたら、さぞかし人間は信じて崇め、ひとたび示された神の都の記憶を幾世代ものあいだ持ちつづけるだろう。ところが毎夜これら美の使節は立ち現われて、その訓戒の微笑で宇宙を照らしてくれるのだ。

星はある種の畏敬の念を呼び起こす。いつも姿は見えているのに、しかも近づくことができないからだ。しかし自然の物象は、もしもその感化力に対して人の心が開かれていれば、すべて同様な印象を与える。自然はけっして卑しい相貌を帯びることがない。このうえなく賢いひとでも、自然の秘密を無理無体に聞き出し、その完全なさまをすべて知りつくして、好奇心をなくしてしまうこともない。自然が賢い精神の玩具になったためしはない。花、動物、山、すべてのものが、かつて子どものころの素朴な心を喜ばせたように、もっとも成熟した時期の知恵を映してもいた。
…………………………………………………………………….
出典: 『エマソン論文集(上)』(酒本雅之訳)より「自然」第1章ー自然

大学院時代にエマソンの「自然」を勉強しましたが、英語と内容が難しくて、読み解くので精一杯でした。今は少しは成長したのか、色々な箇所で感動します。せっかくなので、もう一度じっくり読んで勉強しようと思います。