Hamlet

Pocket

CATEGORY: Remarks to Remember
これを知らずして一生は終えられない!私たちを圧倒する偉人の言葉を紹介していくseries です。ぜひ一緒に感動しましょう!

HAMLET.
To be, or not to be, that is the question: −

Whether ’tis nobler in the mind, to suffer
The slings and arrows of outrageous fortune;
Or to take arms against a sea of troubles,
And, by opposing, end them? − To die, − to sleep, −
No more; − and, by a sleep, to say we end
The heart-ach, and the thousand natural shocks
That flesh is heir to, − ‘tis a consummation
Devoutly to be wish’d. To die; − to sleep; −
To sleep! perchance to dream; − ay, there’s the rub;
For in that sleep of death what dreams may come,
When we have shuffled off this mortal coil,
Must give us pause: There’s the respect,
That makes calamity of so long life:
For who would bear the whips and scorns of time,
The oppressor’s wrong, the proud man’s contumely,
The pangs of despis’d love, the law’s delay,
The insolence of office, and the spurns
That patient merit of the unworthy takes,
When he himself might his quietus make
With a bare bodkin? who would fardels bear,
To grunt and sweat under a weary life;
But that the dread of something after death, −
The undiscover’d country, from whose bourn
No traveller returns, − puzzles the will:
And makes us rather bear those ills we have,
Than fly to others that we know not of?
Thus conscience does make cowards of us all;
And thus the native hue of resolution
Is sicklied o’er with the pale cast of thought;
And enterprizes of great pith and moment,
With this regard, their currents turn awry,
And lose the name of action. − Soft you, now!
The fair Ophelia: − Nymph, in thy orisons
Be all my sins remember’d.
…………………………………………………………………….
Resources: ACT III – SCENE I. A Room in the Castle from The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark by William Shakespeare

このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。
どちらがりっぱな生き方か、このまま心のうちに
暴虐な運命の矢弾をじっと耐えしのぶことか、
それとも寄せくる怒涛の苦難に敢然と立ちむかい、
闘ってそれに終止符を打つことか。死ぬ、眠る、
それだけだ。眠ることによって終止符はうてる、
心の悩みにも、肉体につきまとう
かずかずの苦しみにも。それこそ願ってもない
終わりではないか。死ぬ、眠る、
眠る、おそらくは夢を見る。そこだ、つまずくのは。
この世のわずらいからかろうじてのがれ、
永の眠りにつき、そこでどんな夢を見る?
それがあるからためらうのだ、それを思うから
苦しい人生をいつまでも長びかすのだ。
でなければだれががまんするか、世間の鞭うつ非難、
権力者の無法な行為、おごるものの侮蔑、
さげすまれた恋の痛み、裁判のひきのばし、
役人どもの横柄さ、りっぱな人物が
くだらぬやつ相手にじっとしのぶ屈辱、
このような重荷をだれががまんするか、この世から
短剣のただ一突きでのがれることができるのに。
つらい人生をうめきながら汗水流して歩むのも、
ただ死後にくるものを恐れるためだ。
死後の世界は未知の国だ、旅立ったものは一人として
もどったためしがない。それで決心がにぶるのだ、
見も知らぬあの世の苦労に飛びこむよりは、
慣れたこの世のわずらいをがまんしようと思うのだ。
このようにもの思う心がわれわれを臆病にする、
このように決意のもって生まれた血の色が
分別の病み蒼ざめた塗料にぬりつぶされる、
そして、生死に関わるほどの大事業も
そのためにいつしか進むべき道を失い、
行動をおこすにいたらず終わるー待て、
美しいオフィーリアだ。おお、森の妖精、その祈りのなかに
この身の罪の許しも。
…………………………………………………………………….
出典: ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』(小田島雄志訳)より 第三幕 第一場 城内の一室

美しい言葉の響きと言葉遣いですね!
Coleridgeが ‘myriad-minded Shakespeare’と称え、イギリス人俳優 James Garnonさんが ‘Shakespeare belongs to everyone. He was writing for everyone.’ (Excerpt from Exploring English: Shakespeare) と言う理由が分かる気がします。

大尊敬の Benedict Cumberbatch 主演、英国 National Theatre Live の Hamlet は2回ほど観ましたが圧巻!衝撃!でした。時を超えて英国俳優が挑んできたこの名台詞、あなたならどう表現しますか?