ようこそ!

Pocket

Welcome to Spellbound

東京・立川で初級者向けの英語サロンを開いているSPELLBOUND(スペルバウンド)と申します。

私の願いはただひとつ。本気で英語の助けを必要としている方のお手伝いをすることです。

大手スクールではついていけない。。。
レベルの違いに引け目を感じる。。。
自分の英語力に自信がない。恥ずかしい。。。

そんな悩みを吹っ飛ばし伸び伸びと英語を学ぶ環境がここにあります。

個人サロンならではの少人数/マンツーマンのレッスンだから、
講師と生徒が密な関係で英語を学ぶことができます。

発音を直接見てもらえたり、日々の学習で出てきたちょっとした疑問を解決できたり、小さなステップがやる気を後押ししてくれるものです。

しかも講師は23年間英語一筋のとにかく英語が大好きな日本人の英語の専門家。
英語のことを話し出すと止まりませんのでご注意ください。

日本語を母語とする日本人だから、日本人の気持ちが分かるし、10年間私立大学で英語を教えているので、日本人が英語のどこでつまづくのかもよく理解しています。

英語を教える立場にある人は、本人が「ただ英語が話せる」だけでは不十分です。英語という言語をどれだけ勉強し、言語的な知識があるか、これは大前提だと思います。先生が勉強し続けていれば、自然と英語の話ができ、そういう話をするだけで生徒は「英語って楽しい」と感じるものです。だから、私は今でも英語を学び続けています。それでもまだまだ飽きないのが英語の魅力です。

あなたの今の英語力がどうであれ、努力は必ず自分に返ってきます。学ぶことは何歳からでも遅くはありません。

ですから、「英語の勉強を今すぐ始めたい!」「何をやればいいのか迷っている!」「今まで核心に迫ったアドバイスをもらえてこなかった!」という方へ、初級の段階から完全世界基準の英語学習をSPELLBOUNDがご提供します。

学んだことがすぐに英語圏で使える!世界に通用する!
そんな本格的な英語力を目指しませんか?

SPELLBOUND3つのこだわり

良質へのこだわり

他のスクールではあまりみかけない良質な教材で良質の英語を学びましょう。英語に魅了されている講師だからこそできる徹底指導。あなたに英語好きの魔法をかけます。脱カタカナは当たり前。授業は基本的には正統派のイギリス発音で行いますが、ご要望があればアメリカ発音も可能です。せっかく時間とお金をかけるなら言葉遣いも内容もともに優れた価値ある言葉を学びましょう。良い教材で学ぶと自然に学習が楽しくなるものです。

正確さへのこだわり

外国人と英語で有意義な会話をしたい
TEDなどのスピーチを聞いて/読んで新しい考えを理解したい
メールや記事、論文を書いて大事なことを伝えたい

どのような英語力をつけたいのかは人それぞれ異なりますが、英語を学ぶ目的が何であれ、英語の習得には誰もが通るべき道があります。この道を通らずして本物の英語力は絶対につきません。もしあなたが伸び悩みを感じているとすれば、あなたが通ってきた道を思い起こしてみてください。そこに、正しい発音正確な文法力が意識されていたでしょうか。英語の知識の根本にこの2つがなければ何をやっても砂上の楼閣です。ですが、この2つを見落として英語を勉強している人が実に多い…。だからこそ、当サロンはこの2つをご提供したいのです。そうして基礎を築いていけば何を学んでも吸収できるようになるからです。本物を目指して、地道に努力していきましょう!「いいかげん」を排し、焦らず、ひとつひとつ確実に前進しましょう!

大人へのこだわり

中学英語を忘れてしまった…
若い時とは記憶力が違う…
一度に多くを覚えられない…

いいんです!大事なのは記憶力より理解力です。大人だからこそ、文法が理解できるのです。中学生の時は言葉も人生経験もそう多くはないので、分からなかったことも多いはずです。しかし、豊かな人生経験を積んできた今だからこそ、大人になった今だからこそ、日本語力も成長し、比較の対象が増え、理解が深まる、英文が味わえる、多くの社会人学生を見てきて私はそう確信します。ましてや本気で英語を勉強したい!との意欲も湧いている今こそ、英語学習に最適の時ではないでしょうか。さらに、大人の学習者には忍耐力があります。理解したことを定着させるには繰り返すことが大切で、それには根気が不可欠です。時には辛くても耐えるだけの精神力、忙しいけれどこれだけは毎日続けようという忍耐力があなたの英語力を全面的に支えてくれます。大変な中を努力した分、自分に返ってくると思うのです。Efforts are always rewarding!

世界に通用する英語力には何が必要なのか?

結論から言うと、盤石な英語力は、正しい発音と正確な文法力なしに築くことはできません。これをなくして、あれやこれやと手を出すのは、ざるに水を溜めようとするようなものです。

今のレベルがどうであれ、発音を学ぶと確実に基礎力がつきます。先ほども説明した通り、発音を習得するということは、言語学習に必要な基礎文法知識、言わば避けてはいけない道を通らざるをえないからです。

英語力の基礎となる発音がデタラメでは何も積み上がりません。

つまり、正しい発音と正確な文法力、この2つが手に入れば、あなたの学びは全て栄養となりやがて美しい花を咲かせ、輝いていくことでしょう。

夢物語なんかではありません。あなたが本気でいるのならすぐに現実になります。ただし、本気であればの話です。

しかし、忘れてはいけないことは、今までの努力はひとつも無駄ではない、ということです。あまり覚えられなかったけど単語帳を開いていたこと、精神的に苦痛だったが問題集を解いていたこと、続けていればいずれは上達すると信じて英語を聞いていたこと、その全てがあなたの糧になっています。

語学に楽な道なし!

言語とはその言語を話す人々の考え方や文化をも背負っています。ですから、一つの言語を習得するのに、「楽な近道」はないと思います。しかし、「順番」は大切です。基礎として大事なことを先に理解しておくことは、遠回りをしなくてよいことでもありますから。

英会話でただ話しているだけでは度胸はついても「英語力」は上達しません。本気で英語を習得したいと思うのであれば、基礎文法知識とともに発音を学び、常に正しい発音を心がけて英語を勉強していくことが大切です。

このサイトに来てくださったからにはもう悩まないでください。
さぁ、一緒に英語の航海を始めましょう!人生後悔しないために!

Enrich your life!
英語で豊かな人生を!

なぜ ‘salon’?

salon noun
BrE /ˈsælɒn/
NAmE /səˈlɑːn/ , /səˈlɔːn/

Definition
1. (in the past) a regular meeting of writers, artists and other guests at the house of a famous or important person
– a literary salon

2. (gathering) A salon is a gathering of people under the roof of an inspiring host. They are generally defined as a cultural event linked to literature, art or discussion. Historically, salons are associated with French literary and philosophical movements of the 17th and 18th centuries.

Word Origin
late 17th cent.: from French, from Italian salone ‘large hall’, augmentative of sala ‘hall’.

(Resources: https://www.oxfordlearnersdictionaries.com)
(Resources: https://en.wikipedia.org/wiki/Salon_(gathering))

「受講生の声」の一部をご紹介します。

#1 苦痛ではなく、親近性を抱くに至りました

今回の先生の授業、英語に親しむ喜び楽しさを心から体感できました。「正しい英語の基本習得」への情熱と和気あいあいの雰囲気に満ちた印象に残る授業でした。英文読解に有用な文法の活用・展開の具体例、目から鱗です。本来的に文法を忌避し続けてきた私自身、英訳の精度を高める文法学習の必要性に目が覚めた思いです。苦痛ではなく、親近性を感じるに至りました。

鈴木先生の英語の発音とても素晴らしいと感じました。英語を母語とする先生に接する思いでした。何やら気品の漂う t や k などの発音が今も私の耳朶に響いています。このようなセンスと世界市民意識の輝きをにじませた本学の未来を担う教師が厳然と控えておられることに限りない希望と期待を抱くものです。先生の授業への参加、大変大きな収穫でした。高齢化社会を生き抜く自身の人生に充実感を添える貴重な英語学習の契機となりました。

(60代 岸  努様 文具・画材・教育機器の製造販売会社勤務)

#3 中学英語の基礎をやり直すことの重要性を学びました

僕は発展の文法ばかりやっていたのと、難しい英文で読めるようになるには語彙力だとばかり思っていたので、基礎がかなり疎かになっていました。その上で、やはりもう一度基礎を鍛え直し、中学生からやっていて既に終わっているような分野を再度やり直すことの重要性を学びました。やはり、英語は基礎が定着していないと発展もできません。

(男性 H.H.さん)

#7 初めて英語のおもしろさに気づくことができました

10回の文法演習を経て、私は自分の英語の能力の低さを改めて感じました。中学校から今までずっと苦手科目だった英語に、センター試験以来、初めて向き合う機会となりました。結論として、この10回にわたる文法演習で英語力が上達したかと問われると答えはほとんど No に近いかもしれません。しかし、私はこの授業及び文法演習を受けて、初めて英語のおもしろさに気づくことができました。特に、文法構造や仕組みを学べたことは、今まで意味が分からないもの嫌いなものという英語のイメージを少なからず払拭できたことは自分にとって非常に大きいです。

(男性 K.N.さん)

他にも多くの受講生の「英語における変化」「受講生の声」のページに載せております。ぜひご覧ください。